ドン・キホーテの海外店舗はどこの国?場所は?何店舗あるの?【世界くらべてみたら】

こんにちは!いっきゅうです!

3月2日(水)(水)19時〜放送の「世界くらべてみたら」で紹介された外国の『ドン・キホーテ』!

海外には様々な『ドン・キホーテ』があるようです!

早速調べていきましょう!

引用:Twitter
スポンサーリンク

海外店舗数は?

日本生まれのドン・キホーテは2017年に海外進出し、7つの国と地域で95店舗を展開しています。

因みに、名称がDon Quijote(ドン・キホーテ)・DON DON DONKI(ドンドンドンキ)に絞ると33店舗になります!

これは、2019年に株式会社ドンキホーテホールディングスから社名変更され株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)となりました。

ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を展開するのは株式会社ドン・キホーテですが、その株式会社ドン・キホーテは、株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)の連結子会社となっています。

そのため、店舗数はドンキ以外のマルカイコーポレーションやTimesといったスーパーマーケットも展開しているため、グループ全体で95店舗を海外で経営しているようです!

引用:PPIC

どこの国にある?

アメリカ(ハワイ)

「ドン・キホーテUSA」3店舗

Don Quijote

ドン・キホーテ パールシティ

ドンキホーテ ホノルル

シンガポール

「DON DON DONKI」12店鋪

シンガポールホームページ

タイ

「DON DON DONKI」4店舗

タイホームページ

香港

「DON DON DONKI」9店舗

香港ホームページ

マカオ

「DON DON DONKI」1店舗

マカオホームページ

台湾

「DON DON DONKI」2店舗

台湾ホームページ

マレーシア

「DON DON DONKI」2店舗

マレーシアホームページ

スポンサーリンク

創業者の安田隆夫の思い

日本国内の消費市場が縮小していくことを懸念しており、その危機感をチャンスに変えるため、より会社を成長させるため、海外における新事業や新業態の起業、海外での市場開拓を進めることにしたと語っています。

安田氏は2015年にシンガポールに移住していますが、現地で「ハーモニープライス」という、横並び価格が横行していることに目をつけます。シンガポールでは輸入品にほとんど関税がかからないにもかかわらず、中間流通業者が自分たちの利益を獲得するために高価格のマージンを設定しており、日本の製品は2倍4倍といった高額で販売されていたのです。

顧客を軽視するこのような監修に憤りを覚えた安田氏は、「ドンキの意地にかけてハーモニープライスをぶち壊す」ことを決意したそう。シンガポールの消費者に、より安く日本の商品を届けることで、日本のイメージ向上にもつながるとして、安田氏はこれを解決することが「自分だからこそできる社会貢献」であり、天職であると直感した、と語っています。

引用:Dgima

まとめ

創業者の安田隆夫さんの思いにもあるように、『顧客第一主義』でここまでの成長をしたのでしょう。

さらに新店舗も出店されるようです。

海外旅行に行った際は、日本生まれの『ドン・キホーテ』へ行ってみては?

スポンサーリンク