楽天のイチロー『武藤敦貴』経歴や家族構成は?wiki風プロフィール!

こんにちは!いっきゅうです!

今回、ご紹介するのは

今後、活躍の期待大のプロ野球選手!


『武藤敦貴』

昨年まで楽天でコーチをつとめていた鉄平さんも

「バッティングで言えば将来、3割2分ホームラン20本くらいは期待したいですね」

と語っておられるほどの選手!!!


将来の首位打者候補の『武藤敦貴』さんを調べてみようと思います!

スポンサーリンク

『武藤敦貴』経歴は?

引用:楽天イーグルス
名前武藤敦貴(むとう あつき)
生年月日2001年6月15日(20歳)
出身福岡県北九州市
身長178cm
体重73kg
投打左投げ/左打ち
小学校不明
中学校北九州市立本城中学校
高校都城東高等学校
小学校チーム東筑ファイターズ
中学校チームダイナマイトボーイズ
経歴都城東高~20年楽天ドラフト4位

小学校時代は軟式の「東筑ファイターズ」でプレー。

中学時代はボーイズチームの「ダイナマイトボーイズ」(旧名・若松ダイナマイト)でプレーされていました。

高校は「都城東高等学校」へ進学。

都城東高校では1年時から控えとしてベンチ入りされています。

1年生からベンチ入りする選手ですので相当です!

高校での成績


 同年秋の新チームで4番・エースの座を掴み取り、県4位で臨んだ九州大会で創部初星!


 熊本2位の九学を相手に7四死球3-2初完投勝ち(8回まで2安打0封)を記録。
 続く創成館戦にも救援で登板したが、6四死球と乱れ、3.2回3失点、7回1-8で敗退。
 その後、4番から3番へと打順を変え、翌2年夏の宮崎大会で2戦連発をマーク。


 初戦2回戦・日南振徳高戦で外角球をバックスクリーンに放り込む満塁本塁打!
 142㌔左腕として期待されながら腰を痛め、3年時春以降は登板機会が減少・・・


 通算20発超の打撃を中心にチームに貢献し、5月の招試・桐蔭学園戦で右2ランを記録!
 3年時夏の県大会(3番・中堅兼投手)は小林西に3対4で敗れベスト4で敗退⤵︎


 4回表の打席で右ソロを放ったが、リリーフで決勝点を与え、惜しくも1点差で決勝進出を逃した。

『武藤敦貴』家族構成は?

武藤選手の家族構成を調べてみましたが、母親の「明子」さんのドラフト時の写真しか出てきませんでした。

父親や兄弟の情報はありませんでした・・・

↓情報が入り次第、追記しますね^ ^↓

早速情報をいただきました!

ありがとうございます(^ ^)

ってか、お母さんそっくり笑

引用:都城東高校HP
スポンサーリンク

活躍が期待される理由は?

武藤選手の評価を見ていきましょう!

東北楽天・大久保スカウト

「将来イチロー選手タイプになれるような、三拍子揃った、特に打撃力に特徴のある外野手。数年後には、先頭を切って楽天イーグルスの次のレギュラーになれる選手です」

石井GM兼監督

「どこかで1軍のレギュラー張らないといけない」と期待!

元・楽天「鉄平」さん

間近で見ていた鉄平さんが言われるぐらいだから”本物”なのは間違いなし!

体格もほぼイチローさんと同じ!!(イチロー・身長180cm/79kg)

日本の『安打製造機』へなってほしーー!

今年の活躍

ヒットを打つバットコントロール!

柔らかさが格別です!

技術の高さが感じられます!

まとめ

今回、紹介した

『武藤敦貴』選手

まだシーズン序盤!

終盤に大きな活躍を期待したいですね^ ^

野球界にニューヒーローが誕生するかもです!

スポンサーリンク