尾崎世界観(クーリープパイプ)!SWITCHに出演!生い立ちや若い頃(昔)、深い歌詞や小説を生み出している過去を調べてみました!

テレビ番組

こんにちは!いっきゅうです!

SWITCHインタビュー 達人達(たち)にクリープパイプの尾崎世界観さんが出演されました。
音楽はもちろんですが、歌詞や小説など執筆され多彩な活動をされています!

その世界観がどこから来るのか、昔や生い立ちを調べてみました!

一緒に見ていきましょう(^ ^)

スポンサーリンク

プロフィール

引用:ツイッター

名前   尾崎 世界観 (おざき せかいかん)
職業   ミュージシャン、小説家。クリープハイプのボーカル、ギター担当。
本名   尾崎 祐介
生年月日 1984年11月9日(37歳)
出身   東京都葛飾区出身。血液型O型。身長168cm。

。「世界観」という名前は、初期メンバー時代の2005年頃にライブ観覧者から言われた「世界観がいいね」に対する疑問から。以前は本名の尾崎祐介(おざき ゆうすけ)で活動していた。2016年には半自伝的な小説『祐介』(文藝春秋)で小説家としてもデビューした。

引用:ウィキペディア

著書、母影(おもかげ)で、 第164回芥川龍之介賞候補作品にノミネートされました!
音楽に小説、才能が溢れ出してます。
どうやったらそんな人生になるのか興味が湧きます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

母影 [ 尾崎 世界観 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/11/19時点)


どんどん調べましょう(^ ^)

過去は?生い立ちは?

家族は父の勝さん、母の由美子さん、弟さんとワンちゃんです。

ごく普通の家庭なのでしょうが、父の勝さんは和食料理人です。職人は同じ境遇ですね。
何か一つの事に没頭出来るのは天才肌特有かもしれませんね。

高校は東京にある岩倉高校。バレー部の補欠だったそうです。
その後、本が好きだからという理由で製本会社に就職。

元々、本が好きなことから想像力を養っていたのでしょう。

歌詞・小説の世界観は?

昔インタビューでこのように発言がありました。

小学生の頃、すごいコンプレックスがあって。どこにも行けないし、金がないから、電車に乗っても遠くには行けない、それがまず絶望でした。自分の家と公園か駄菓子屋か友達の家くらいしか行動範囲がない。それなのになんでこの人たちはこんなに楽しそうにしてるんだろう?って客観的に見てました。自分の行動に対しても「これは子供っぽい行動だ」と思ったりして。友達と遊んでる時も「こいつは今日は楽しかっただろうな」とか「今日は楽しくないんじゃないか?」とか考えてました。

子供ながらにいろんなことをキャッチしてしまったからかもしれないです。人が思ってることをなんとなく感じてしまったりする。でもそれはすごく疲れます。電波がいっぱい入って来るので。

引用:ミーティア

他者の事を観察し、感じ想像する力は生まれ持った才能なのがわかります。
それを文章に起こすと『母影』のような情景を沸き起こすことができるのでしょう!

スポンサーリンク

まとめ

過去の生い立ちからもわかるようにコンプレックスが大人になってからもネガティブに動くのではなくて、ポジティブにアウトプットする事により世間から認められ、音楽の世界でも文芸の世界でも、『尾崎世界観』の世界観が幅広く浸透したと思われます。

コンプレックスを持たない人は皆無だと思います。いい所も悪いと思う所も、ポジティブに変換するこで生き方は大きく変わりますよね!

尾崎世界観さんのおかげで、私の人生観も少し変化したのかもしれません・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました