大谷翔平『笑顔』が消えた?今季のホームラン後の画像を比較

こんにちは!いっきゅうです!

今回は、世界のスターと言っても過言ではない

『大谷翔平』

の今季のホームラン後の表情について調べてみようと思います!


なぜ私が疑問に思ったかというと、

23号・24号の1試合2本のホームランを打った後のベンチに帰ってきた時

『表情』に『笑顔』が消えていたからなんです・・・


1号〜24号までのホームラン後の「表情」と

その時期の出来事と重ねて紐解いていきましょう(^ ^)

スポンサーリンク

1号・2号

地区順位5勝4敗 2位

引用:NHK

開幕から8試合、31打席目で、大リーグ5年目でもっとも遅い1号となった、敵地レンジャーズ戦での先頭打者ホームラン後のベンチでの表情。


流石に1号なので嬉しそうです(^ ^)

さらに、3点を追う5回ワンアウト一塁で迎えた第3打席で右中間へ2号ツーランホームラン!


引用:時事通信社

3点を追う展開でのツーランホームラン!

1点差に詰めるホームランなのでいい表情しています!

3号

地区順位6勝4敗 1位

レンジャーズ対エンゼルス 8回表エンゼルス2死二塁、2点本塁打を放った大谷はカウボーイハットで前が見えない(撮影・鈴木みどり)
引用:日刊スポーツ

2試合連続になった弾丸ライナーで右中間ブルペンに突き刺した3号!

打球速度108マイル(約173.8キロ)という驚愕の数字!

いい表情(^ ^)

スポンサーリンク

4号

地区順位14勝7敗 1位

ホワイトソックス対エンゼルス 1回表エンゼルス2死、ソロ本塁打を放ちベンチで迎えられた大谷(撮影・江口和貴)

今季初の4番起用となった第1打席で今季4号ソロ本塁打!

5号・6号

地区順位20勝11敗 1位

エンゼルス対レイズ 6回裏エンゼルス無死、ソロ本塁打を放ち、今季チーム本塁打数のシールが貼られたカウボーイハットをかぶる大谷(撮影・江口和貴)
引用:日刊スポーツ

6回の打席でソロ!!

本拠地のエンジェルスタジアムで打ったのは、今シーズン初!

42打席ぶりの特大弾だけにいい笑顔(^ ^)


さらに!7回に2打席連続!

日米通じて初の満塁ホームラン!!

今季も大暴れの予感しかありませんよね(^ ^)

引用:日刊スポーツ

エンゼルス対レイズ 7回裏エンゼルス無死満塁、満塁本塁打を放ち生還する大谷(左から3人目)。右からマーシュ、トラウト、ベラスケス(撮影・江口和貴)

7号

地区順位23勝13敗 2位

6-1と5点リードで迎えた5回の第3打席に5試合ぶりとなる7号2ラン!

松井秀喜、イチローに次ぐ日本人としては3人目となるメジャー通算100号のメモリアルアーチ!

さらに459試合目での達成は日本人では最速のダブル快挙!!

8号

地区順位24勝13敗 2位

第2打席で右越え8号ソロを放ち、祝福されるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
引用:THE ANSWER

1回の第1打席に2試合連続となる今季8号2ラン!

笑顔もあります(^ ^)

130メートルの特大弾!

9号

地区順位26勝17敗 2位

引用:NHK

日米通算150号!

打球速度が175.2キロ、飛距離は135メートルで今シーズン最長!

相当いい当たりだったのが表情でわかります!

スポンサーリンク