メーガン妃の父「トーマス・マークル」娘との確執の真相を激白!【ミヤネ屋】

2022年5月3日、『ミヤネ屋』で娘のメーガン妃との確執を激白!

日本のインタビューに初めて真相を語られました!

絶縁状態の真相とは?

内容を簡単にお伝えしますね!!

スポンサーリンク

取材を受けた理由

ノーギャラで取材を受けた理由は、報酬をもらって取材を受けることは好きではなく、お金はさほど重要ではない、それよりも、言い分をはっきりと伝えたい。

真実ではない話があまりにも多く出回っているとし、取材を受けられています。

メーガン妃との親子関係

過去は、本当に中の良い親子で娘のことをとても愛しておられました。週末には演劇学校への送り迎えもしり、レストランや映画にも一緒に出かけた。

メーガン妃のことをとても愛していましたし、もちろん今でも愛していると言われています。

ヘンリー王子と付き合っていると知った時はとても嬉しかったし、光栄だと感じられています。

スポンサーリンク

メーガン妃との関係が悪くなっていったのは

人生の歯車が狂い始めたのが1990年にトーマスさんが宝くじで8200万円を当選させてかららしいのです。そのお金を友人の勧めでジュエリービジネスに投資、ほとんどつぎ込んでしまいます。

メーガン妃が6歳の時に妻ドリアさんと離婚、2016年にクレジットカードの負債357万円を抱えて自己破産。

メーガン妃がテレビの仕事をするためにカナダに移住した頃、経済的にも独立されます。

その後、ヘンリー王子と出会ってガラリと人が変わってしまった、まるで別人と言われています。

お金持ちと付き合うようになってから、人を見下すような態度をとるようになってしまった・・・
自分は特別な人間なんだと思うようになった・・・

婚約が発表されてから

パパラッチに追い回される、頭がおかしくなりそうだった。家から一歩でも出るとすぐに写真を撮られていた。パパラッチは両隣の家の前庭を借り上げて写真を撮る機会を狙っていた

車を出そうとすると一斉に写真を撮られた。顔にいきなりマイクを押し付けられることもしょちゅう気が狂いそうになった。

ヘンリー王子やメーガン妃からパパラッチに対するアドバイスは

ヘンリー王子には「マスコミとは話をするな」と言われたが当時は常にマスコミに囲まれていて話をせざるを得ない状況だった。それ以外のアドバイスは一切なし・・・

やらせ写真の撮影でスキャンダル「結婚式に向け準備する良き父」

パパラッチと合意の上ポーズを取ったもの・・・

その真相は結婚が発表されてから2年間の間、ありとあらゆる新聞が悪者に仕立てるような写真を載せ続けた。そんな中、あるパパラッチがいい写真を撮るからと言って安心させられ、なんとか自分のイメージを変えたいと思い、甘い話に乗せられてしまったようです。

心臓発作を起こし入院

病床にヘンリー王子とメーガン妃からの電話、そこでヘンリー王子が言い放った言葉は

『あなたが僕の言うことを聞いていたらこんなこと(やらせ騒動)は起こらなかった』

その後も入院中の体調を気遣って連絡をくれることもなかった、自分の親に対してよくこんな冷たい仕打ちができるものだと言われています。

決定的な亀裂は

父のトーマスさんはテレビ番組に生出演し、結婚に至るまでの経緯を赤裸々に告白。

メーガン妃との話の食い違いにさらなる亀裂が発生。離婚後も養育費は父のトーマスさんが払っていた、メーガン妃は大学の学費を稼ぐためにアルバイトをして苦労して卒業したと言っているがデタラメ。トーマスさんは、養育費など全て欲しいものは与えていたと・・・

さらに、トーマスさん宛のメーガン妃からの手紙を新聞社に公開。全ては世間に言われていることの本当の真相を話すためでした。

まとめ

日本では考えられないようなことですよね・・・

実際の真実は、メーガン妃と父・トーマスさんにしかわかりませんが、何があっても親子なんだから腹を割って話して欲しいですね。

今ではYouTubeを開設して、さらに真相を話されているようです・・・ガー○ーチャンネルみたいなものでしょうか(^ ^)

スポンサーリンク